バナナな日々

50代主婦の日常、日々の想い

思ったことを言ってしまう

今朝はいつもより少し遅く起きた。 

一度目覚ましで起きたけど、そのままうとうと30分くらい過ぎていた。

着替えてすぐに母を起こす時間だった。
母の部屋に行って声をかけようと顔を見ると寝ていた。 
うん?寝ている? 動いてるよね…って覗き込むと、
ふっと目を覚まして「おはよう」と言った。 

ほとんどは起こす時間には目を覚ましているので、
じっと目を閉じて寝ている姿は、一瞬ドキッとさせられる。 
いつもと同じでよかった。 

*****


母は10人兄弟の末っ子。 
だからなのか自由奔放、
思ったこと、言いたいことはそのまま言ってしまう。 
努力家、頑張り屋だけど、その分気も強い。

父がよく「言ってもきかない」と言っていた。 

父は4人兄弟の長男。
私の夫のような怒り方をしたことはない。
子供たちを諭すとか、正すとか、そういうこともなかったけど、
基本、優しい人なんだと思う。

母に一度聞いたことがある。
よく父の愚痴を私に言うので、
「なんでお父さんと結婚したのか?」って。
暴力をふるわなそうだから。

男の人の暴力は当たり前のような時代だったのもあるのだろうけど、
確かに母の読みはあたっている。
父は暴力なんて一度もすることもないし、
あの年代にしては珍しく実母(私の祖母)の下の世話もしていた。

母にとっては思った通りの人だったのかもしれない。
仕事に関しては、あまりやる気はなかった気がするけど、その分母は男並みに仕事も頑張った。。



*****


また思い出話だけど、
私が幼稚園児の頃、親子で遠足に行った。

親子で並んで歩いていたときに、
どんな風に生っていたのか忘れてしまったけど、
(垣根から出ていたのか、ただ道端に生えていたのか)
柿の実が道端になっていた。

母が歩きながら、ひょいっと2,3個もぎ取った。
私はえっと思ったが何も言えず、
近くを歩いていた男の子が
「あっ、おばさんずるい!」って大きな声で叫んだ。

母はニコニコしながら、
しーっ!って顔の前で人差し指をたて、その子に一つ差し出した。
男の子はありがとう、って嬉しそうにもらっていたけど、
私は恥ずかしかった。
今思いだしても、何だかな・・・って思う。


その当時は特に何も言われなかったけど、
今の時代だったら、問題行動なんだろうな。
子供の前で・・・って言いだす親もいるだろうし、
先生の耳に入れば注意されるのも分かる行動。
柿一つでも、誰の家の物かわからないし、盗った事になるんだろうし。


母は思ったことをすぐに口にするし、すぐにやってしまう。
子供心にやめて、もう言わないで、って思ったことも何度もある。

パッと見た人や、行動が気になると指をさして言葉にする癖がある。
「ほらあの人・・・」って指をさし、横にいる私に話かける。
たとえその人が障害者の方でも構わずそんな感じ。

もう小学生にもなると、やってはいけないことだと理解できるし、
「何でそんな事を言うのか?」
「好きでなったんじゃないんだから。」
「指さして言わないで」
そんな事を冷や冷やしながらよく言った覚えがある。

なんど言っても父の言うように聞く耳をもたない。
何故そんなに人のことを卑下してみるのか?
「あんな風にはなりたくない」とか、子供に言うか?
子供が言ったら、「そんなこと言ってはダメ」と諭すのが親だろうに。

何故そんなに上から目線で人を見るのか。
今でもそんな時はある。
デイサービスに行くときに、
ボソッと迎えに来てくれた人のことを悪くいう。


一応、「そういうことを言わないの!」って言うけど、
もう言っても無駄。
本人の前で言わないでよ!って釘を刺すのみ。




にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



フライパン

私が使っているフライパンは4種類ある。

中でも一番使う率が高いのは26㎝のもの。
他には28㎝のフライパンと28㎝の深型のもの。 
あと、厚焼き玉子を作るときのものがある。 

26㎝のフライパンはティファールを使っていた。
もうとっくに焦げ付きやすくなっていたけど、
なんせ丈夫なのでついつい買うのを後回しにして、
2年くらい使っていたかもしれない(^_^;) 

しかし、裏側が何だか危ないんじゃないかと感じて、やっと買うことにした。
28㎝の深型のものが、また丈夫で使いやすくて日本製のもの。


なので、今回はそのシリーズで買うことにした。
家はガス火なので、IHは必要ない。
ガス火専用のものでいい。


今朝、ネットで注文したので、数日中には届く。
一番使用頻度が高いフライパンなので、丈夫で使い勝手がいいものがいいい。

焦げ付きだすと、思い通りに料理も出来ないので、
意外とストレスになるのかもしれない。

届くのが楽しみ。^^


******


昨日の続きですが、
あの黒くなった幼虫の皮は、脱皮なのかな、と。
私が見ていた幼虫はどこに行ったのかわからないけど、
それとは別の幼虫の脱皮の後だったのかもしれないと思った。

よく考えれば蟻が食べてしまったとしても、
真っ黒になった皮だけ綺麗に残るわけがなく、
ウジャウジャいた蟻に思い込みをしてしまった。(^-^;




にほんブログ村 にほんブログ村へ

にほんブログ村

何故かショック

昨日、記事にしたアゲハの幼虫。 

何だか見えすぎる場所だから嫌な予感がしていた。

昨日の夕方、庭の花に少しだけ水やりをする時に、
あれっ?いない…。 
何日か同じ所にいたのに、姿を消していた。 

葉っぱがなくて移動した?
でも、ずっといたのに急にどうしたんだろう。
何か嫌な予感。
 
今朝、ゴミだしの前に、昨日の草むしりの残りをやっていた。
這って茂りすぎたものも引き上げながら切っていくと、
蟻がウジャウジャいて、粉の殺虫剤を撒きながらやっていた。 

西洋ニンジンボクの葉っぱが落ちて茶色く変色したものも落ちていて、
拾って捨てようとしたら、 あれっ?葉っぱじゃない。
草削りでそっと持ち上げると、
昨日まで目にしていたアゲハの幼虫。 
しかも中身が食べられた真っ黒に変色した皮だけが残っていた。 

蟻の仕業だ。 

昨日、写真を撮ったばかりで、何だか可哀想になってしまった。
綺麗な緑色だったのに、真っ黒。

移動させればよかったのかな。
幼虫って無防備だから、運が悪かったのかな。

微妙にショックを受けている。(-_-;)





にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

アゲハの幼虫と麦茶の思い出

今日も朝から暑い。


急ぎの用はないので、
ワンコのご飯や、母の世話が終わって、
洗濯機を2回目回しながら、ワンコのシャンプーをした。

皮膚が弱いので、夏の間は特にマメに洗っているつもり。
暑いので、シャンプーするだけでも気持ちよさそうで、
スヤスヤ寝ている姿は可愛い。

その後、3回目の洗濯機を回しながら、庭の草むしりをした。
伸びてしまったヘデラもだいぶスッキリできた。
でも、朝だからと言って、本当に暑い。
もう少し、やってしまいたかったが、外に2時間はいられなかった。
また後でやればいい、途中まででやめておいた。

毎年どこかにいると思うが、
今年はよく見えるところにおいでだ。^^

20200827_100240.jpg

いもむし系は苦手なんだけど、これはアゲハ蝶の幼虫。
何アゲハかは分かりません。
もう何日か前からいるのは知っているけど、放置している。
葉っぱが減ってるようだけど、たぶん強いし大丈夫。

この花、オミナエシだと思っていたら、葉っぱの形が違う。
花はそっくりなんだけど、どこで手に入れたのかも忘れてしまった。
ネットで見ても良くわからない。
香りはいいので、ハーブなのかな。



その後、我慢できなくてシャワーを浴びた。
明るい日差しが入るバスルームで浴びるシャワーは何故か温泉気分になる。

でも、母も常にいるし、ワンコも老犬で連れ歩くことも出来ないし、
極めつけはコロナだ。
まったくいつになったら自由に動けるようになるのかな。



20200827_100052.jpg

最近は、麦茶ばかり飲んでいる。
冷たく冷やして飲むと美味しいし、自分で作ればお手頃価格。
毎日2リットルは作っていると思う。
家にいる時間が長いのは私だから、たぶん一番飲んでいる。


麦茶で思いだすのが、
私が幼稚園児の頃だと思うけど、
たまに父が歩いて20分くらいのところにある親戚の家に私を連れて行った。
父は盆栽が好きで、父のおじさんにあたる人なのだが、
その人も盆栽が好きで、庭にいっぱい綺麗に手入れしたものが置かれていた。
父はそれを眺めるのが楽しかったんだと思う。

私は全然興味がないから、行っても面白くないのだけど、
そこのおばちゃんが入れてくれる麦茶がとっても美味しくて、
最初に飲んだ時は子供ながら感動したくらい。
グラスの中をじっと見たのを覚えている。

ほんのり甘くて香ばしい麦茶を味わって飲んでいると、
無くなる頃、もっと飲みなって入れてきてくれる。
必ず2杯は飲んできた。(^-^;

今は色々な飲み物が出てきているけど、
熱を冷ます効果もあるというし、やっぱり夏の飲み物は麦茶に落ち着く。





にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

都合が合わなければ

今日は歯医者に行ってきた。

母はデイサービス。

奥歯の治療がなかなか終わらない。
少しづつ進めているけど、後で痛みが出ることが多いから、
先生も慎重にやっているのだと思う。

人によって痛みのでかたもそれぞれ。
私は痛いの敏感だし、近くの違う場所に痛みが出ることもしばしば。
気長に通うしかないけど、コロナも心配だな。


*****



20200824_083127.jpg


何日か前に、久し振りに友達からlineが来た。
友達といっても子供が小学生の頃からのママ友で、
数人が腐れ縁のように、今も時々ランチをしたりしてる。
もうコロナの騒ぎで、全然会ってはいない。

lineが来たとき、忙しくて、
既読にしたけど、後でゆっくり話せばいいやって、そのままにした。
内容も、「たまにはラインで話そう」
みたいな感じだったから、
特に急ぎの用があるわけでもないんだなと思った。


でも、返信するの忘れてた。
思いだしたのが、私が寝るころ。(;´・ω・)
やばい・・・と思いつつ、今日中に一言入れておこうと返信した。
謝って、また明日連絡します、と。

その人(Aさん)は、たぶん寝ている時間。
見るのは明日の朝だろうけど、
取りあえず謝ろうと一言入れたつもりだったけど。


次の朝、既読になっていたので、9時頃連絡をした。
一応、また謝って、近況を少し。
元気にしてましたか?って感じで。

Aさん、いつもlineの返信ものすごく早い人。
グループでlineしても、ほとんど一番に返す人。


午前中、返信なし。
午後もずっとなくて、5時過ぎに一度近況をよこし、
またコロナが落ち着いたら連絡するね~だと。

・・・オイオイ自分で話そうっていったんだろ。
もう怒っているんだね。
確かに短気な人なんだけど、これだけで怒るか?

人それぞれ事情がある。
私が忘れて夜lineしたのが悪かった?
緊急の用事じゃなかったはずなのに。

私はスマホの音を夜は切ってしまうので、特に気にしなかった。
取りあえず今日中にって思ったんだけど。
ダメだったかな・・・。


でも私が仕事してないから暇だと思って連絡してきてるだけ。
だって、あの日、あの時間、あなた仕事中だよね。
たまに話そう、ならグループに入れるでしょ?

自分の都合に合わなければ終わりかい?

なんかどっと疲れてしまった。
何なら連絡もらわない方がよかったよ。


自分でも我知らず、やらかしていることもある。
気付いても後の祭りってこともあるし。

人付きあいは苦手。




にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

伝えればいいだけなのに

テンプレートが落ち着かなくて、思いつくと変えてしまうけど、

また・・・。
見づらくて申し訳ないです。_(._.)_


今日は午前中買い物に行って、夫の自営の仕事の事務的なことをしていた。
2,3か月のことをまとめてやってしまう。

領収書や通帳と照らし合わせて帳簿付けをするのだが、
毎回これは何なのだろう?と思っては話すのを忘れ、
そのまま記入していたことがある。

最終的には税理士の先生にお願いするので、
先生が分かっていれば大丈夫と思っていたのだけど、

今日は色々ネットでも調べてだいたいが把握できた。
夫も自分で契約してくるのに、言わないからわからない。
だからいつも書きだす時に私が困ることになる。

忙しい時にしつこく言えば喧嘩になるし、
ゆっくり出来るときは私も忘れている。
結局、忙しくても聞かないと私もやることが終わらないから、
怒らせながらも聞くしかない。

そもそもこの事は、最初に書類でも見せて説明しておかないからいけないんだ。
書類は自分でしまってしまうから、どこにあるのかわからないし、
夫の部屋も床に直置きしたり、捨てればいいものも置きっぱなしだから
探しようがないし、勝手にいじればまた怒るから触らない。

通帳見ただけで分かれっていう方がおかしい。
分かるはずないんだ。

こういうことがよくある。
自分が分かっていることは私もわかっていると思っている。
もう慣れてしまったから、またかって思うだけだけど。


これに関してはだいたい調べたので分かった。
契約やめてもいいものもありそう。

今日の夕食時にでも話してみよう。


文句もあるけど、夫も忙しくて大変なのも分かるんだ。
仕事がら、相手をする人も頑固な人いるし、
暑いし、コロナだし、太ったし・・・。
ストレスはたまるだろうからね。

太るってこんなに疲れるのかなって。
今まで好きなもの食べて、飲んで、煙草も吸って、
別に体系は普通だったのに、
禁煙してから太りだし、本当に動くのが億劫みたいで、
本人も「太っている人の気持ちが分かった」なんてことを言いだした。

食べる量は以前よりは減った。
お弁当はご飯の量を減らし、
夕食はおかずだけでご飯は食べない。
こんにゃくとか、お豆腐とか、お蕎麦とか。

夫だけ別メニューで、なんて思っていたけど、
どうせならみんな同じにダイエットできればいいことなので、
最近は私の好きなさっぱりメニューが増えてきた。


昨日の夕食。

20200824_195051.jpg

こんにゃくを豚バラ肉で巻いたもの。
さっぱりはしていないけど、ヘルシー。

ネットにレシピが出ていたのを参考にしてみた。
いつもそうだけど、レシピをそのまま使わないので、
同じにはできていない。

食感もよくて、こんにゃくにも味がしみ込んでいたので、
煮物で食べるよりもおいしいかも。

後ろにぼんやり見えるのは育ち過ぎた豆苗と、酢玉ねぎ。
豆苗を買って半分だけ使って水に付けて置いたら、
どんどん残りの半分が伸び出して・・・。


20200824_195148.jpg

またナムルを作ってこれにも豆苗入れたけど、
多すぎたので、肉巻きに添えてみた。

後は写真に撮らなかったけど、大根の煮物。
やっぱり大根は寒い時期の煮物の方がおいしいと思う。
しっとり感がなかった。

食事は考えながら作ればいいけれど、この暑さでビールがやめられない。

先日、数年前まで一緒に仕事をしていた人がコロナで今の仕事がなくて、
数日間、夫の仕事を手伝いに来てくれた。
その人がお礼にと、500mlのビールを箱で持ってきてくれたので、
普段は350mlを1本飲むだけなのが、
ここ数日夕食時には500mlを夫は飲む。

私も一緒に飲んでもちょうどいい量だけど、
私はお先に夕食を作りながら350mlのを飲みだすので、
結局夫が全部飲むのだ。

きっと本格的にダイエットをしだすのは夏が終わってからかも。

でも、秋になるとまた食べ物が美味しくなってくる。






にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

髪を染めるときに思い浮かぶ

今日はやっと髪を染めた。

もう、ちょっと恥ずかしくなってきた白髪。
特に頭頂部が一番目立ってくるので、
外出時は部分染めで目立たないようにしていた。
でもそろそろ限界。
いくらか暑さが弱まってきたので、重い腰を上げてみた。

私は臭いがきついものはダメで、ほぼ無臭のものを使っっている。

最近敏感肌になっているので、
本当はヘナとか、自然のものを使うのがいいと思うけど、
一度使った時に、臭いがきついのとベタベタしていて、
ちょっと使いたくないものになった。
なので、今でもずっと同じものを使っている。

いつも家事をしながら待ち時間を過ごす。
洗濯をしながら、が一番多くて、
干しているうちに、15分~20分くらいが過ぎるのでちょうどいい。
今日もそんな感じ。

慣れているので、染め残しもなく染められた。



*****



髪を染めるときによく思いだすことがある。
母が祖母のことをよく
「あんな年をとって髪の毛を染めてどうするんだ」って言っていた。
「自分の方が先に真っ白になっちゃう」って。

祖母は自宅で染粉(?)を溶いて髪に付けていた。
昔から使っていたもんだったのだと思う。
私は別に何とも思わなかったけど、
母はそんなことも面白くなかったのだろう。


私は母と祖母の口を聞いたところを、ほとんど見たことがない。
物心ついた時にはそうだった。
ずっと同居していたのに、他人みたいだった。

母は愚痴を私によく言った。
「おばあちゃんがいるから・・・」
ようは、おばあちゃんがいると食べることも面倒だし、自由がないってこと。

特に祖母専用に何か作っていたわけではないけれど、
いるだけでイライラするってことなんだろう。


子供だから母親の言葉は真に受ける。
私も祖母と話をしたことがほとんど無い。
同じテーブルにいても、話したことがほとんどない。
小さい頃からずっとだったから、変に思うこともなかった。

ただ、友達の家に行った時、
特に夫と付きあっていた時には、
夫の祖母との会話の方が、自分の祖母との20年以上の会話より
たった数年でも、多かったんじゃないか?って思う。


ただ無になって考えると、祖母の孤独感はきつかったなって思う。
今更母には何が原因であんな風だったのか聞いてはいないけど、
自分の母があの頃の祖母の年齢と同じになって、
もし、兄が生きていて、離婚もせず親と同居していたらって考えると、
母の立場が同じような状況なら、
きっと同居を解消するのは母の方だろうなと思う。

強い人。
私もずっと母に依存してきた。
大人になっても、子供ができても、
この人に「ダメだ」とか「よしなさい」と言われると、
不安になって自分の思い通りに動けなくなる。

子供が社会人になり、自分も仕事や家族、
子供を通して、色んな人間関係を経験した。
いいことも悪いことも、自分で判断することも増えた。

そんな時に、母を受け入れることになった。
「本当はお前に世話になる訳じゃなかったのに」って、
夫に申し訳ないと良く言う母。
確かに夫が受け入れてくれなければ、ここには住めないから、
どこかの施設にいってもらうしかない。
夫は場所を提供してくれたけど、世話をしているのは私なんだけどね。


そのうち夫の実家の親も介護になったとき、誰が面倒見ると思う?
夫の兄は同居しているけど、離婚していて独り身。
弟の嫁はお正月に顔を合わせるたび、
子供の手が離れたら離婚すると言っている。
(どこまで本当かわからないけど)

たまたま夫と実家の親の話になって、介護になったら・・・。
「俺は仕事があるから」「兄貴も仕事してるし」と言いやがった。
また私に丸投げする気か?と内心思ったけど、
まだタラれば、の話で今揉める必要はなく、そのまま黙っていた。
私は家族の為に仕事も続けないで今があるのに。
まる投げなんてされてたまるものか!と心に誓ったけれど。

そんな近い先の不安も私にはあるんだよ、と母に言いたい。
夫のことをいい人だと良く言うけど、あなたにとっていい人なんだ。
私だって夫には感謝している。
でも、色々ある。


母はずっと私の側にいる。
一度フリーになりかけた心がまた子供の頃に戻ったよう。


私が髪を染めることは母には言わない。
気づかれないようにしてしまう。
「こんな真っ白になっちゃって恥ずかしい、嫌だな。」
って自分の髪を鏡で見て言うから、悪いような気がしてしまう。
今、母は86歳。
祖母が亡くなったのは88歳。
年齢が近くなっても、祖母の気持ちは分からないだろうね。





にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

涼しい朝と庭

今朝はいつもより涼しかった。

家族全員が休みなのも重なって、久しぶりにゆっくり寝ていた。 
と言っても、6時前には起きている。

母もいるし犬も別棟なので、あまりゆっくり寝ていることはできない。
でも久しぶりに気持ちよく目が覚めた。


暑さが弱まったときは、庭の手入れを少ししたい。
先日は西洋ニンジンボクの茂り過ぎた葉を落としたので、
今日は気になっていたバラの花芽をそろそろ揃えていこうかと思い、
脇芽とか、余分な葉っぱを切りだした。

夏は休ませようと思っていたので、花芽だけは摘んでいたけど、
暑い日が続いて、思うように手入れはしていなかった。


だいぶボサボサ状態になってしまったので、
可哀想だったな、と思いながら切っていると、
やっぱり葉は虫に食べられ、元気もないような気がした。

上から徐々に切っていき、下から覗き込んでみると、

20200823_083926.jpg

白いものが沢山ついている。
また来てるのか、カイガラムシ

今年の庭は、梅雨の頃から異常発生している。


一番初めに見つけたのは、裏に植えてある榊の木。
ブラシで落としてマシン油をスプレーして、って書いてあったけど、
あまりにもひどくて、ほとんどの枝を落としてしまった。

もうダメになってしまうかもしれないと思ったけど、
今は残した枝の下から、新しい芽が出てきている。
元の大きさになるまでには時間がかかるかもしれないけれど、
逆に古くなってきていたので、良かったかもしれない。



一番家のバラで大きくて元気がよかったノヴァーリス。

20200823_085206.jpg20200823_085234.jpg

ひどい状態!
ここまでびっしりくっ付いているとは全くわからなかった。




20200823_092729.jpg

右側が貝殻のような殻があって、左側に虫が沢山!
これは本当にひどすぎて、枝を落としてしまった。
他の部分はマシン油をスプレーで吹き付けて、粉のオルトランを撒いておいた。

今年は本当にカイガラムシがひどい。

前回発見した時も、地を這っているタイムや、セダムにまでいて、
すぐにいる所をカットして、オルトランを撒いておいた。
これについていたのは粉カイガラムシと言うものみたいで、
葉の先がキラキラ光っているように見えた。
まさかカイガラムシだとは思わなくて、何だかネットで調べてみてびっくりした。

湿度が高くなる時期は色んな病気や虫が出てくるけど、今年はひどい。
農家の方は大変だろうな、と思う。


まだどうなるのかわからないけど、マメに様子をみていくしかない。
今年のジメジメは植物にも大きなダメージを与えていると思う。


秋には綺麗なバラが咲いてくれるといいけれど。





にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

スマートに

最近、雑誌をみる感覚で覗いているサイトがある。

キナリノ~暮らしを素敵に丁寧に~
お洒落で、ちょっとしたアイデアなども吸収できて
参考にできたら、私の暮らしもお洒落に楽しめるんだろうな、と思うけど、
なかなか雑誌のような暮らしには程遠い、自分暮らし。


数日前に目にとまったのが、ダイエットレシピ。
新型コロナが出始めて、志村けんさんが亡くなったり、
岡江久美子さんが亡くなったっり、
突然の訃報にびっくりするばかり。

家の夫と息子は喫煙者だったので、
いい機会だから、たばこはやめれば?と、
強く娘が言いだして、

私も娘が夫を心配していると、こっそり言うと、
真に受けた夫が禁煙宣言をした。

今までも何回か禁煙をしたけれど、結局また再開してしまって、
完璧な禁煙には至らなかった。
なのに、今回は娘が心配で強く望んでいると言ったものだから、
本気で禁煙をしているのだ。

当の娘は「私は言っていない・・・。」と夫がいないところで言うけれど、
「まあ、いいんじゃない?煙草は吸わない方がいいんだから」と、
黙って言ったことにしておけば・・・笑
夫の勘違いじゃない。
私の言葉の罠。
いい意味で、なので罪悪感はことさらありません。


あれから数か月、煙草は吸っていないのだ。

息子は全然やめる気ないけれど、
私の父も、夫の父も、
ある程度の年齢でドクターストップが出て禁煙に至っている。
息子もそのうち嫌でもやめることになるんだぞ!と脅してはみるが、
自分がきつくならないと、わからないんだろう。
もう大人なんだから、自分で判断するべし。


夫は禁煙続いているけど、
最近、驚くほど太ったんだ。
仕事がら動くので、この体系ではやばいでしょって言うほど、
本当に太り過ぎ。
お腹周りが極端に出てきて、かっこ悪い。

それで、ダイエットメニューを参考にしてみようと、
簡単に作れるものを探していたら、

基本のサラダチキン、これが目に留まった。
たまに買ったことはあるけれど、献立に組み込むことはなかった。
こんなに簡単に作れるのか、と思い早速作ってみた。


20200819_135029.jpg

鳥の胸肉を購入。
とてもヘルシーで安い。



20200819_140146.jpg

皮をはいで、幾つかに切り分け(そぎ切り)フォークで数か所穴をあける。
調味液をまんべんなく混ぜこむ。
(レシピ通りではありません💦)



20200819_152330.jpg

沸騰したお湯の火を止めて、ジップロックごと入れ、
蓋をして1時間そのまま放置するだけ。




20200818_185102.jpg

ニンニクの香りがして、とっても柔らかく、
家族にも好評だった。

ダイエットにもいいし、なんたって簡単。
レンジでつくるなど、色々な作り方が出ているけど、
色々試してみようと思う。
取りあえずはこのやり方で。

付け合わせは、ニンジンともやしとエノキのナムル。
これも簡単で美味しい。

料理は簡単で美味しければ言うことなし。
手間のかかるものは最近作る気力がありません。


ともかく、せっかく禁煙したのだから、
夫には色んな意味でスマートに痩せてもらいたいと思う。




にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

夏の室内は暗くする

今日も朝から暑い。

洗濯、掃除、ワンコの世話で外に出ていると、
すぐに汗がしたたり落ちてくる。

庭に出ると、花木が気になって、つい触りだすので、
結局汗をかかずに済む日はない。

今日は、ワンコを朝から洗ってあげた。
ワンコも少し夏バテ気味で、食欲がない気がする。
食べきるけれど、美味しいものを入れて数回に分けてあげている。

今日もあまり食べないので、
シャワーで気持ち良くなれば食べるかな?と思い、
まだ8時にならなかったけど、洗ってみた。

気持ち良くなったのか、少し落ち着くと完食してくれた。
夏は頻繁に洗ってあげたいと思うけど、なかなか思うようにできないものだ。



そろそろ早めに洗濯物をしまってもいいのだけれど、
たぶん、今が一番暑い時間帯かもしれないので、
もう少し、エアコンで涼んでからにしようと思う。


エアコンをつけ始めて何日経っただろう。
もう、付けずにはいられなくなってしまった。
付けていても、何だか胸のあたりがソワソワしている時があって、
熱中症の気があるのかもしれないな、と思う。

自律神経のみだれか、寒暖差があり過ぎて、
自身が追いついて行けてないんだと思う。
気を付けないといけない。


暑さ対策として、エアコンはもちろんだけど、
我が家は玄関が吹き抜けになっているので、
人がいる部屋以外は窓を全開にしている。

といっても、玄関わきの部屋に母がいるので、
しっかり締め切って朝からエアコンがずっとついている。
だから実際に風を通せるのは、デイサービスに行っている日だけ。



人がいる部屋は何だか暗い。
一階は外にすだれが吊るしてあったり、よしずが立てかけてある。
室内もレースのカーテンだけでなく、遮光のカーテンやブラインドなどを下げて
なるべく直射日光を入れないようにしている。

だから、暗い。

20200820_091546.jpg

ここはキッチンの出口。
色を入れるのは嫌なのでモノトーンで。

右側がドアで、左側が冷蔵庫。
ドアは上下にスライドして開くタイプなので、
朝5時頃起きるとすぐに開ける。

少しすると東側なので陽がさしてくる。
暗いけど、ブラインドを下の方まで下げてしまう。
朝のうちはエアコンを付けていないので、
これだけでもだいぶ違うと感じている。

今はリビング続きのキッチンなので、窓は閉めてありますが、
ロールブラインドは下の方まで下げて、なるべく光を入れていない。

二階は全部の部屋のドアを開けて、窓も全開にしてある。
カーテンやブラインドは光をなるべく入れないように、
半分だけ下げたりしている。


ここは近くのゴルフ場から風が吹きおろしてくるので、5月頃はいい風が吹く。
子供が小さい頃は、庭に大きな鯉のぼりを泳がせている家も沢山あった。
家の子供たちの年代が一番多かったし、賑やかだった。

と、昔を思い起こすけれど、
夏なのに、子供たちも外で遊べないほど危険な暑さになっているんだな。


温暖化といい、コロナといい、息苦しい。
人間らしい暮らしは難しくなるのかな。



にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村