バナナな日々

50代主婦の日常、日々の想い

LINEは健康、Twitterは孤独感

無料通話アプリ「LINE(ライン)」を使う人は心の健康状態が比較的良く、

ツイッターでつぶやく人は孤立感を感じやすい――。
朝日新聞社より


私はどちらにも属さないな。 
TwitterもFacebookもやっていないし、
仕事もやらなくなって、子供の繋がりも頻繁には無くなったから、
lineも家族以外は、ほとんど使わなくなった。
ヤバい人かもしれない。(^_^;)

人と繋がることが嫌いな訳じゃない。
でも、以前にも書いたけど、
繋がることによって、気を使い過ぎて疲れてしまうのが
分かっているから、そこに入り込みたくないのです。

今までで一番嫌だったのは、子供の親繋がり。
息子の時はそれほど感じなかったけど、
娘の時は、ずっとその場に居るのが嫌でした。

子供の事に本気で頑張る親は沢山いるけど、
誰もが同じ価値観で接しているわけではない。
でも、チームで動くと、それは認められないわけで、
「そんなにやる必要あるのか?」
「子供自身が頑張らないと・・・」
どっちがやっているのかわからないような風潮に、
同調できない自分がいつもいて、
何だか、白けた気持ちでいつもいたのです。
(小学生の頃のスポーツ)

人によっては、付き添えない人に対して、
強く当たったり、嫌がらせのようなことをしたり、
気に入らない人ができれば、仲間で無視したり。

馬鹿らしくて行きたくなかった。
でも、子供の事だから、やめるわけにもいかなくて、
中学も送迎が組まれて、8年間ですよ。
娘も仲間外れのような時があったし、
休みは試合で無くなるし、
なんの時間だったのかな、とも思います。

夫は自営だから、休みもたまにあるくらいで、
試合にも行かなければ、
家族で出かけることも少なかった。
たまに休めても試合が入ってたり。

スポーツをやっている時は、根性がついたとか、
色々いいように解釈できるけど、
結局、社会人になれば変わりないと思います、私は。

娘は部活や試合で、疲れ切って勉強もできなくて、
寝てばかりだったけど、
高校に入学してからは、疲れがひどくない分、
勉強もするようになった。
自分でも、中学の時は疲れてできなかったと言っていた。
風邪もよく引いたんですよね、運動部の時の方が。
対人関係のストレスもあったんだと思うけど。
あの子たちが、気を使う仲間だったんだと思います。

高校で、文化部に入ってからは、
仲間とも普段から遊ぶようになって、
毎日が楽しそうでした。
風邪もひかなくなって、学校も皆勤でした。



何か、話がそれちゃったけど、
あの8年間が対人関係は一番きつかったな。

終わってみれば、今度は母の介護。
友達には連絡するのに気を使うと言われるし、
出られる時間も限られてきて、
自分から連絡とるのも面倒になってくるし、
何だかね、八方塞がりな気分なんです。

たぶん、更年期も輪をかけているんだと思うけど。

ここはTwitterでもLINEでもないけど、
関わりを持たない私にとってはTwitterと同じなんだろう。

Twitterで頻繁につぶやく人は抑うつ傾向にあるみたいですよ。




にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
スポンサーサイト