貰っても

夕方、穴だらけの小松菜を持ってきてくれた近所の人。 
嫌がらせじゃないんです。 
「今年は出来がいい」とさえ言っていた。 

でも、どんな顔をしていたんだろう、私。 
ひきつっていなかったかな。 

だって、どこを食べればいいの?って言うほど、
どれもこれも虫に食べられて穴だらけなんだもん。
葉っぱの色も変わってきてるし。 
いくら無農薬だとはいえ、ひどすぎる。 
茎を食べればいいのでしょうかって程だよ。 
「いらない」とも言えないしさー。 

「家族が多いんだから、いっぱい取って」というけれど、
手が取りたがらない…( ̄▽ ̄;) 
「ありがとうございます」と言いながら貰ったけど、
食べられるところはない。 

この方、いつも持ってきてくれるのは、
虫食いのひどいものか、大きくなりすぎたもの、
芽が出てしまったものなどなんです。 
どうして人にあげるのに、普通のものじゃないんだろうって、
いつも思います。 
貰っても嬉しくありません。 
結局食べないからゴミになっちゃうし…。 

以前、別の近所の人に聞かれました。 
やっぱり同じこと考えてたみたいで、
その人も少しだけ貰って捨ててしまうそう。 
まさか「これじゃ食べられないよ」とも言えないですからね。 
本人は食べてるんだろうから。 

***

今日は、義実家にちょっと早い父の日のプレゼントを渡してきました。 
午前中に買ってきて、午後に夫と。 

義父にはちょっと高めの焼酎。 
あと、二人に薄手のベストをあげました。 

いつも何かあげると、義父はすぐに身につけます。 
今日も、渡すとすぐに開けて、ずっと着ていました。 

帰りに、じゃがいも、なす、玉ねぎを沢山貰ってきました。 
畑で採れたばかりなので、
今日は小芋を皮のまま茹でて、塩をふって食べました。 
美味しかった~(^q^)





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村
スポンサーサイト




22:42 | 日々 | edit | page top↑